TOPページへ  ご質問・お問合せは

  03-5919-4701
 耐震補強
 断面修復
 表面保護
 ひびわれ補修
 ファサード
 フロアコーティング
 ESDフロア
 NETIS登録
 施工実績
 問い合わせ
断面修復
Stoの断面修復システム・・・・

中性化により剥離が発生している場合や、塩害のよってスケーリングが進行している
場合など、 コンクリート構造物の2cmから5cm程度が特に劣化しており、内部の
コンクリートは健全な状態を保っていることがよくあります。

10cm、20cmと局部的に損傷している場合は、当然フレッシュコンクリートで修復する
必要がありますが、構造物全体に及んでいることは少ないです。
これらのコンクリート補修は構造物全体を、付着力に優れ、母体の動きに追従できる
低い弾性係数を持つ薄い層で被覆することが有効です。
乾式付け工法 【特性紹介】
特徴
リバウンド率  約10〜20%
(現場条件により多少の誤差は生じます。)
搬送距離(Max) 水平 200m 垂直高さ 150m
ダスト(粉塵)を軽減するサイロシステム
時速200kmの高速で吹き付ける高い付着力・高密度なモルタル層。
湿式付け工法 【特性紹介】
施工実績写真はこちら
リバウンド率  約2〜5%
(現場条件により多少の誤差は生じます。)
耐硫酸塩用の吹付け材料も適用できます。
ダスト(粉塵)を軽減するサイロシステムも適用できます。
左官工法  ポリマーセメントコンクリート 
コンクリートに比べ変形係数が小さく、曲げ張力が増強する。
低い水セメント比
高い水抵抗能力 ・ 低い収縮率
初期における高い付着力の発現