TOPページへ  ご質問・お問合せは

  
03-5919-4701
 耐震補強
 断面修復
 表面保護
 ひびわれ補修
水路ライニング工法
 ファサード
 フロアコーティング
 ESDフロア
 NETIS登録
 施工実績
 問い合わせ

コンクリート補修 ・ 補強システムとは


補修・補強システムの基本的施工フロー

補修の基本は、ベースとなるコンクリート構造物の損傷に対して
適切な施工方法を選択し、的確な管理の元に施工マニュアルに
基づく確実な施工が行われなければならない。
Stoの歴史と実績に基づいた施工フローは、以下の手順によって
行われる。

  1. 準備工 
  2. 仮施工
  3. 下地処理
  4. 防錆処理
  5. 接着剤
養生工  6.断面修復
 ↓モルタル充填工
 ↓モルタル吹付け工
 ↓モルタル吹付け工(仕上工)
 7. 表面保護システム
 8. 清掃・片付け
下地処理 防錆処理 接着剤 断面修復 表面保護システム
劣化した表面の
有害物の取り除きと、断面修復材の付着力上向の為に行われる。
錆によって侵された鉄筋はサンドブラストによって十分に清掃される必要がある。
補修の効果延長の為に慎重かつ的確に行われる。
手塗りの断面修復には必ず使用されなければならない。
大変優れた付着力を発現する。
Stoの断面修復システムは非常に優れた性状を持つポリマーセメントモルタルを使用し、特色のある吹付け施工を行うことによって、確実な修復を実現する。 6種類のパターンの保護システムを持ち、コンクリートを保護するとともに多くの色を使用し特色のある表現をすることが出きる。