ポリマーセメントモルタル Sto 乾式吹付工法

NETIS CB-020040
ポリマーセメントモルタル StoCrete TS100

優れた施工性

  • 搬送距離 水平300m ・ 垂直150m
  • 一層の施工厚 6mm〜50mm(最大100mm)
  • 交通振動下での施工が可能
  • コテ仕上げができる
  • 現場でのミキシング作業が不要
  • 圧送ホースの閉塞等のトラブルがなく長時間の作業中断が可能 ・ 清掃が容易
  • 型枠不要
  • プライマー不要

高品質断面形成

  • 高速・高圧の吹付けにより高密度断面形成(圧縮強度62N/mm2)
  • 単位水量も少なく中性化・塩害・凍害に対する耐久性が高い
  • 母材コンクリートに強固に付着(付着強度2.2N/mm2)
  • 鉄筋裏等の狭隘部への充填性に優れる

効果

  • 大幅な工期短縮
  • 施工コスト削減
  • 構造物の延命・長寿命化

Q 乾式吹付とは?

乾燥ポリマーセメントモルタル吹付け直前のノズル部分にてポリマーセメントモルタル<PCM>と水を混合して吹付けます

Q どこに適用できる?

コンクリート構造物の断面修復工事
(橋・トンネル・C-BOX・ダム・下水道 etc )

日本全国で450件以上の施工実績

Q 従来はどのように対応していた?

  • 型枠設置による充填工法
  • 左官工法
  • 湿式吹付工法

Q 施工はだれが行う?

 Stoノズルマン認定資格者証日本コンクリート補修・補強協会研修と認定を受けたノズルマンが施工します

施工フロー